妊活中のセックス疲れに!自宅でできるシリンジ法キット「プレメントシリンジ」が超おすすめ

最近不妊治療を始めた私ですが、ここに至るまで結構感じていた性欲が沸かないときのセックスしんどい問題

自分の情緒不安定さや、彼の無神経さに苛立ってばかりいたのですが、不妊治療で病院に通いだしたら「問題が起きたら手段で解決する」ということを覚えました。

セックスが子作りのための行動になってきて疲れたら、「自宅でシリンジ法」がかなり効果的のようなので調べてみました。

妊活中のセックスが女性のストレスに

私は自然妊娠(性行為での妊娠)を今も目指している段階なので、パートナーとのセックスは大切。排卵日だけセックスするんじゃパートナーも萎えてしまうので、普段からスキンシップを大事にしています。

ただ、排卵日以降~生理前はホルモンバランスのせいなのか「触られるのもうざい」というダークモードになる私。彼のことは愛しているのに、この期間はマジで性感帯が皆無になるから不思議。

特に仕事が忙しいと、ストレスやイライラも重なり性欲ゼロ状態・・・。
そういうときに限って排卵日前後だったりすると、義務感でのセックスになるので盛り上がらない=濡れなくて痛い、精神的にもなんだか傷つく&彼も凹むというトリプルパンチ状態。
これが数回続くと「妊活しんど」ってなりますよね…。

自宅でのシリンジ法で妊活のストレス軽減

妊活中の方ならなんとなく聞いたことがあるかもしれない「シリンジ法」

日本ではまだまだ一般的じゃないけど、医療費の高いアメリカでは自宅でセルフシリンジというのも珍しくないようです。

(海外ドラマとか見てると、女の人がシリンジ使って妊娠しようとするシーンとかもあります)

シリンジ法
一般医療機器として販売されているシリンジキット
シリンジ法とは?
男性の精子を容器に取って、それを専用の注入器で女性の膣内に挿入する受精方法。自然性交に比べて、精子が濃い状態で卵管を通るとも言われています。
妊活をしている立場で感じるシリンジ法のメリットを考えてみました。
  • どちらかが疲れているときにセックス以外の妊活法がある
  • 受精はシリンジ法で確実に行い、セックスはコミュニケーションにできる
  • 時間がない朝などでも手軽に行える
  • 価格が安いので続けやすい

 

私が見つけた家庭用シリンジ法キット「プレメントシリンジ」は、20回分入っていて4,364円(税別)なので1回あたり200円ほどで利用できます。

※価格はレビュー投稿をする場合の割引価格です。
生理のときに使うタンポンのようなイメージですかね。
クチコミを見ると、痛みや難しさはないということなのですぐにトライできそうです。

シリンジ法の前に排卵検査薬も必須

先日、不妊治療の相談で産婦人科に行ったときにはじめて処方された「排卵検査薬」。

アプリなどで管理している【予測排卵日】の前日くらいから、毎日同じ時間に尿検査をするだけ!

私が産婦人科で言われたのは、生理周期が遅い(32日周期)から排卵のタイミングも遅いかも、ということ。実際に排卵検査薬で毎日検査をしたところ、アプリの予定日より3日ほど後に陽性になりました。

これまでタイミングをみてSEXしてたけど、そもそも外れていたということに・・・。

排卵検査薬は病院の処方箋が必要ですが、amazonではネットだけで完結して購入できますよ~

おすすめの排卵検査薬(amazon)

排卵検査薬で陽性になった翌日までに、シリンジ法で精子を挿入してみてくださいね!

妊活はリラックスすることも大切

この家庭用シリンジ法の最大のメリットは、「セックス以外の手段があることでストレスが減る」ことかなと思います。

パートナーのことが好きで、相性が良くても、妊活となると行為そのものが嫌になるという話はよく聞きます。

セックスはお互いがしたい時にして、排卵日にはシリンジ法を試す、という方法があることで少しでも妊活ライフが楽になるといいですね。

 
最新情報をチェックしよう!