アラフォー女性の婚活は戦略と優先事項が重要 本当に結婚したい?

こんにちは、アラフォーバツイチのなつみです。

もうすぐ35歳、出産経験ナシ

仕事は定職についてるけど、満足ではない

人生折り返しで、ここからどう生きるか・・・そんなことを考える同じ環境の友人は多いです。

結婚と離婚を経験し、再婚を真剣に考えている相手がいる私が、友人の実体験も参考にアラフォーの婚活戦略について調査しました。

広告

結婚の目的を設定する

まず、声を大にして言いたいのは、

「何故結婚したいのか?」

です。

35歳を過ぎて独身だと、ある程度自立している女性も多いし一人に慣れてきますよね?

私の友人は先日、一人焼肉デビューしました。私もその話を聞いて、一人焼肉デビューをしました。笑

経済的に自立していて、一人焼肉が平気な私たちも結婚願望ありです。

友人はかなり積極的に婚活をしているし、私は今お付き合いしている彼と結婚を前提条件にしています。私たちは共に「家族を築きたいから」、「子供を産みたいから」結婚したいのです。

リミットを感じているので目標は30代のうちのゴールインです。

あなたはどんな理由で結婚がしたいですか?

一緒に暮らすパートナーが欲しい

好きな人と結婚したい、という方もこの類かなと思います。

第一優先は一緒に暮らしたいと思える相手であることである場合、経済力や子供を持つことは二人で話し合って理解を深めることになるでしょう。

この場合、女性側にもある程度経済力があると相手を選びやすいですし、納得がいく相手を見つけることが重要なのであまり焦らないほうが良いでしょう。

私の友人は、大学時代からお付き合いしていた素敵な彼氏と29歳で結婚しました。(1度別れて別の人とお付き合いする期間もアリ)

お相手は有名私立大卒業で、一流企業に入社後大学の同級生たちと起業。忙しい毎日ですが事業はとてもうまくいっています。

見た目も格好よくて、おしゃれ。仕事もできて頭もよくて、お話し上手なパーフェクトな彼でした。

一方の友人は、そこらへんのモデルよりもキレイで清楚で頭が良い、常に数人から言い寄られているタイプ。しかも同性の友人も多くて誰からも愛されるアイドルのような子です。

まさにお似合いのカップル。結婚式も幸せそのもので、心から応援したくなる夫婦でした。

が、

彼の事業が順調になるほど忙しく、帰れない日が続きます。一方の彼女も、仕事を独立して忙しく飛び回る日が増えます。

お互いにとって良いことでしたが、コミュニケーションを取れる日は激減月に1回でさえ、まともに会話ができない状態でした

悩んだ挙句二人は3年で離婚。子供はいなかったし、お互いのことを尊敬していたので円満な話し合いだったのが不幸中の幸いです。

友人は、離婚後サラリーマンの彼氏ができました。次は子供ができてからの結婚で良いくらいかなと笑っています。

 

経済的にサポートしてほしい

自分の稼ぎに不安がある、長期間働ける職種じゃない、やっぱり専業主婦に憧れる、という方もいますかね。

結婚をするのであれば、やっぱりお金は無視できません

あるに越したことはないんです。

でも、経済力を最優先にするのであれば妥協することや、自分に求められることを知っておいたほうが良いですよね。

3年前に結婚した私の友人がこのタイプで、「顔も性格も好みじゃないけど、一流企業勤めで金払いが良い」という理由を最優先にしていました。

当時、友人は31歳で男性に超モテるタイプ。小柄でスタイル抜群なのに胸はあるし、大きな目と小さく高い鼻、小顔でロングヘア、おまけにコンサバ系のファッションということで誰に見せても「可愛い」と言われます。

一方旦那様は、170cm顔は中の下、垢ぬけているけど、お世辞にも見た目でモテるタイプという感じではありませんでした

結婚後、子作りに励むも上手くいかず不妊治療を行うさなか、旦那さまの浮気が発覚

友人からすれば「あなたなんかと結婚してあげたのに他の女にいくなんて」という気持ちです。探偵をやとって慰謝料を取って離婚してやる、という所まで行きました。

が、

慰謝料なんて取れても数百万です。子供がいないので養育費もないし、友人は派遣社員で生活費がギリギリ。

結局、話し合いをして今も結婚生活を続けていますが、子作りはストップ。お互い外に恋人を作り、友人が同居しているくらいの感覚になったそうです。

逆に、今のほうが仲良しだし、彼は生活費を全て負担してくれているので友人からすれば一生安泰に近い状態は変わりません。

彼の会社が潰れる可能性はゼロに近いし、クビになることもないでしょう。

まさに目的を果たした結婚とも言えます。

子供が欲しい

アメリカやヨーロッパでは妊娠=結婚ではなく、シングルマザーを選ぶ人が多いイメージがあります。なんなら精子バンクで受精して、子供を持つという選択肢もよく聞きます。

日本では、子供を持つなら結婚するのがまだまだ当たり前だし自然ですよね。

自分の遺伝子を残したい、というよりは好きな人の子供が欲しい、女性の幸せとして出産を経験したいという方が多いようです。

冒頭で一人焼肉をしていた友人はイメージが明確です。

「充分な教育を受けさせる経済力がある人」と「自分も仕事を続けながら」都内で暮らし、「自分が出産した子供」を育てたい。

この場合、自分にも経済力があるので同じかそれ以上の相手を求めています。その理由は、余裕のある子育てが理想だからです。

友人は、複数の婚活サイトに登録し、条件に合う人とお見合いを繰り返していますが理想の子供の父親には出会えていないそうです。

結婚の期限を設定する

結婚したい理由によっては、タイムリミットが限られてきます。

私は、37歳までに妊娠したいのであと2年で結婚できなければ事実婚でも良いかなと考えています。

お付き合い期間が欲しいか

堀北真希さんと山本耕史さんの交際0日婚が話題になりました。

35歳を過ぎてくると、男女ともにお付き合いの仕方好みのタイプ割と明確になってくるので数か月で結婚というのも全然アリかなと思います。

あなたが持っている結婚の目的と彼が結婚したい理由が合致していて、お付き合いの時に「結婚前提」となれば3か月付き合ってダメそうなら別れようという条件でも良いかもしれません。

無駄な交際期間はお互いのためになりませんからね。想い出は結婚後に作りましょう♡

仕事は順調か

あなた自身の仕事(収入状況)が不安定だと、早く結婚して養ってほしいと焦る気持ちが出てくるのではないでしょうか。

しかし、35歳を過ぎた女性を結婚相手に選ぶ男性は「自立した大人の女性」を求めていることが多いです。

安心感や充実した会話、情緒不安定でなくお互いサポートしあえる関係って素敵ですよね。大人になった今だからこそ可能なお付き合いです。

自分の収入に不安がある方は、婚活の前に転職や資格取得をするのも一つの手です。今後も需要が伸び続けることは確実なweb系なら全国各地で学べる【WEBCAMP ONLINE】 で1か月ほどで手に職がつきます。

東京オリンピック目前で、インバウンドも盛り上がっているので、2日間の短期集中英会話キャンプ【 English Boot Camp 】 で英会話を身に着けるのも強みになるでしょう。

こういった自己投資を行うことで、あっさり良い出会いがあったりするのも魅力です。

急がば回れで計画を立ててみましょう。

高齢出産の準備があるか

結婚への期間設定で一番影響するのは出産時期じゃないでしょうか。

日本では35歳以上の妊婦さんは高齢出産となり、38歳以上になると高リスクなため受け入れない病院もあります。

それでも子供をもつことが結婚の理由になっている方は、簡単に諦められないですよね。

1日も早く、良いお相手と出会って結婚して妊娠してと順調に進めば良いのですが、35歳を過ぎるとそもそも妊娠がしにくくなります

今では男性も35歳を過ぎると精力が落ちて、不妊治療が必要になるというのが一般的になってきました。

なので、やみくもに焦るよりも高齢出産に必要なものを調べておくことが大切です。

  • 高齢出産の費用は?
  • 通える範囲に受け入れてくれる病院はあるか?
  • サプリや運動で少しでもリスクを減らせないか?

今は、葉酸サプリが妊活の必須アイテムになっていますが理想を言えば20代から飲み続けたほうが良いそうです。

ベルタ葉酸サプリは厚生労働省が推奨する栄養レシピで作られてるので、今から習慣にしておくと良いかもしれません。 

 

結婚相手の条件を設定する

性格や趣味は合うほうが良いに決まっていますが、それは長くお付き合いをしなければ理解できないものです。

見た目は好みがそれぞれあるし、これも好きなタイプのほうが良いに決まっています。

結婚を念頭に置いた場合、恋人に求める内面・外見条件以外に考えたいことが出てきますね。

経済力

例えば、あなたが年収1000万以上であれば、相手は経済力がそれほど高くなくても生活できます。

また、地方や郊外で暮らすなら正直生活費はそれほどかかりません。

男性は経済力がプレッシャーになって結婚出来ない人が多いのでハードルを下げると結婚相手がすぐに見つかるかもしれません。

将来の暮らし方を考えたときにいくら必要か、自分はどれくらい稼げるかを計算してみると実際に必要な経済力が見えてきます。

CrowdWorks などで在宅ワークが可能であれば、この機会に沖縄移住を考える、なども結婚の可能性を広げますよ。

年齢

35歳を過ぎると、年下とお付き合いする女性がぐっと増えます。

何故なら同世代は既婚者が多いし、独身者は難アリが多いから。(これはお互いさまですが…笑)

誠実な男性だったら、年下でも浮気はしないし女性として大事にしてくれるそうです。

年上男性の理解力や包容力は魅力的ですが、独身者が少ないのは事実です。結婚相手の年齢層は広く見ておくのがベターです。

家柄・兄弟

よくも悪くも結婚に影響してくる家柄。

あなた自身が気にしなくても、相手や相手の両親が気にすることは意外と多いようです。

結婚相手の候補者には早めにリサーチをしておくと安全ですよ。

特に長男の場合は、あなたが長男の嫁となるため家によっては大仕事を任されることも。

親戚が多ければお付き合いも増えるので、どうしても避けたい場合はそういったことを気にしない相手を選ばなければ悲劇です。

職業

収入も大事ですが、ここで気にしたいのは勤務環境です。

残業や出張が多い職場なら、自然と顔を合わす時間は減ります。それが良い人も嫌な人もいるでしょう。

公務員のように勤務地が変わる職種なら、転勤か単身赴任が予測できます。これも良い悪いありますよね。

細かく言えば、飲み会が多い、社宅必須、女性との会食が多いetc気になるポイントはそれぞれあるはずです。

出身地

結婚をしたら大抵は両親の介護を念頭に置きます。

35歳を過ぎてからの結婚の場合、ご両親は60歳を過ぎていることがほとんどなのですぐに介護が必要ということもあるでしょう。こうなるとすぐに同居や2世帯ということもあり得ます。

相手によっては、自分の生活圏を手放す必要が出てくるので、覚悟が必要です。

できれば同郷、それが難しい場合は家族構成を気にしておきましょう。すでに兄弟が同居している場合はサポート役に回れるので、結婚後の生活が大きく変わりますよ。

自分の条件に合った人と出会える行動をする

ある程度の条件と期間が設定できたら、あとは行動あるのみです。

待っていても良い出会いがないことはとっくに分かっているのがアラフォーの良いところ。

数年後に後悔する前に、今すぐ行動しましょう。

友人の紹介

私はこれで成就した人を見たことがありません。笑

世の中にはいるのでしょうが、中々難しいのが現実です。

紹介率を上げるためには、「良い人がいたら紹介して」ではなく「こういう人がいたら一緒に食事したい」と具体例を出しておきましょう。

野球好き、キャンプ好き、お酒好き、地元が同じ、子供好き、何でもよいと思います。

バーやクラブ

軽い感じしかしませんが、私はこれで出会いましたし、友人にも多いのがこのパターンです。

重要なのは出会う場所じゃなくて出会う人です。

別に毎日クラブ遊びをしているわけじゃないでしょうし、話せばマトモということはよくあります。

バーやクラブなら女性からも声をかけやすいので、友達を作るつもりで気軽に足を運んでみて下さい。

一人では重すぎるので同世代の友人と一緒にがおすすめです。

マッチングアプリ

私の周りで成婚率が1番高いのがコレ。マッチングアプリです。

女性ファッション誌で特集が組まれるほど市民権を得た出会い系アプリ、ひと昔前ならいかがわしいイメージしかしませんでした。

中にはSEX目的や援助目的の温床になっているアプリもあるので注意が必要ですが、メンタリストのDAIGO監修運命より、確実。
恋愛婚活「with」
再婚者に特化したマリッシュ(シンパパ&シンママ優遇制度あり)は真剣な人が多いというレビューも。

 女性は登録無料というアプリも多いので、会うかどうかは別としてコミュニケーションをとってみると可能性が広がるかもしれません。

婚活パーティー

38歳の友人(見た目は30前半)が参加した話を聞いた感じでは微妙でした。

男性が女性慣れしていないことが多いため、女性から積極的に連絡先交換などを申し出る場面も多いそうです。

しかし、婚活パーティーの開催自体は都内だと多く企画も様々で何より参加費が安いことが多いので、自分に合うか1度行って確認してみましょう。

Rootersは、パーティー企画が豊富で詳細も書いてあるので参考までにチェックしてみてください。

婚活サイト

有名どころの楽天Oネット以外にも、話題沸騰!オタクに寄り添う婚活【とら婚】キャリア系女性に特化!理解してくれる男性と出会える【キャリ婚】 など特化型の婚活サービスが増えています。

女性も有料なのが基本ですが、その分個人情報の管理やお相手の本気度も高いのが特徴です。

ちなみに友人の一人が、複数の婚活サイトに登録していますがどこも初月で数十名のデート申込があったそうなので女性は選べる環境と言えます。

プロポーズにこだわらないで

ここまで読んで、それでも結婚したいと思えたあなたはきっと結婚できます

出会い方によっては、プロポーズがなくても交際日0で結婚もありえますね。

しかし、普通は恋人になってから男性がプロポーズをして結婚に至ります。

すごくロマンチックなものじゃなくても、「結婚しよう」という言葉は欲しいのが大抵の女性の本音です。

しかし、プロポーズを受けるのが最良とは限りません。

あなたが結婚したいと選んだ相手と相談して、納得のいく結婚を迎えてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
広告